入れ歯治療

患者さんにとってベストな義歯を作るため、
お口全体の咬み合わせを考えた入れ歯作りを実施しています。

入れ歯治療について

入れ歯の悩み、一緒に解決いたします!

画像

歯が抜けたり失ったりすることは、加齢によって引き起こされるだけではありません。
むし歯や歯周病、そして外傷などでも発生します。

歯を抜けたままにしておくと、残った他の歯に余計な負担をかけてしまい、
その結果、他の歯の寿命も短くなってしまいます。

失ってしまった歯を補う治療法として、
いちばん歴史があって世間によく知られているのが、
取り外し義歯(入れ歯)を使う方法です。

当院でも、多くの方々にさまざまなタイプの入れ歯を作製しております。
もちろん、他院で作られた入れ歯の洗浄や調整も可能です。
美味しく食事をして頂くために、楽しくおしゃべりして頂くために
できるだけ快適に使って頂くために、丁寧に対応させて頂きます。

入れ歯のいいところ、よくないところ

画像

一般的に入れ歯は、
インプラントのような外科手術が要りませんし、
欠損が複数あっても対応できるなどのメリットがあります。

また、元々あった入れ歯に手を加えない限り、いつでも処置する前の状態に戻れます。
介護歯科治療も大掛かりなインプラント補綴に比べると簡単です。
健康保険が効く範囲で治療することもできますし、
仮に精巧な自費の入れ歯であっても、インプラント治療よりは安価に治療できるでしょう。

しかし、取り外し義歯の宿命で
動いたり、痛んだり、取り外し自体の煩わしさがあります。
また本来、顎の粘膜は咬み合せの圧を負担するようにはできていないので、
義歯の支えを大きくしたり、作り物の奥歯の部分に特殊なブレードを使うなどされることがあります。
それでも顎の骨の吸収を完全に止めることはできませんし、
なかにはどうしても見た目や使用感が馴染めない、
精神的な抵抗から使えないという患者さんもいらっしゃいます。

画像

装着前

画像

装着後

画像

ご自身の歯の被せ物に、入れ歯の保持装置を仕掛けてあります。
入れ歯のメタルフレームがピッタリと適合しズレることがありません。

しかし入れ歯を入れたあと、歯周病で歯を失ってはいけません。
こちらの患者さんは、ご自身でもブラッシングに熱心に取り組んで頂いていますし、
いまも継続的にメインテナンスに通って下さっています。

入れ歯が合わないと

合わない入れ歯を使っていると、顎の骨の吸収が加速してしまいます。

さらに入れ歯は合わなくなり・・、やがては深刻化してしまうのです。 痛みや違和感がある場合は遠慮なくお申し出下さい。

目立つ入れ歯を入れたくない

画像

部分入れ歯に対するイメージに
「バネが目立ってしまう。」「留め金が光って恥ずかしい。」といったものがあります。

見た目もとうぜん大事だから、「留め金のバネ」が見えるものなんて許せない。
そうした思いがあるために、これまで入れ歯づくりに踏み出せなかった方、
今では見た目、入れ歯であることがほぼわからない設計もできるようになっています。

もちろん設計には限界がありますから、まずはご相談下さい。

画像
画像
画像
画像

装着前

画像

装着後

画像
画像

 

お電話でのご予約・お問い合わせ
診療時間
9:00~13:00

/※

/

/

14:30~19:00

/※

/

/

休診日
▲ 水曜日は18:00まで、土曜日は17:30まで。
※ 祝日のある週は、木曜日に振替診療をさせていただきます。
休診 木曜日・日曜・祝日

© 与野の歯医者なら京浜東北線与野駅徒歩2分にある花俟歯科医院(歯科). All Right Reserved.