むし歯治療

「むし歯になる」には、「むし歯になった理由」が
必ず存在します。

むし歯治療

画像

「むし歯になる」には、「むし歯になった理由」が必ず存在します。

ほかの病気と違ってむし歯は、予防法が確立されていますので、
しっかり行っていけば結果はついてきますよ。

花俟歯科医院はむし歯や歯周病の予防に力を入れています。

治療にはできるだけ・・

  • 痛みがない
  • 削らない、金属を使わない
  • 神経をとらない、歯を抜かない・・
  • お口にとって最小のダメージ

となる方法を選択しています。

今ある歯を大切に、歯を残す治療を行います

ご自分の歯をできるだけながく長く使って頂きたい。
そのためは、できる限り歯を削らないこと。
これが最善の策なのです。

もちろん削る必要があるむし歯は削らないといけません。
しかしやり方次第で最小限に留めることが可能です。
これまで神経をとったり、抜歯していたような歯も残せるかもしれないのです。

むし歯治療

むし歯治療の流れは、むし歯の大きさや程度によって異なります。
進行すればするほど治療の行程が増えて、痛みを伴ったりもします。

当院では、むし歯になってしまった部分だけを染め出す液体や、
レーザーによるむし歯診断器等を用いることにより、
レントゲンや術者の勘に頼らず、本当に削らないといけない歯であるかどうかを判断します。

これを大きく拡大して見ることで、健康な歯を削り過ぎることがなく、
むし歯をとり残すこともない最小のむし歯治療ができるのです。

初期のむし歯

ごく初期のむし歯は、「再石灰化」によって治ることが確認されています。

初期のむし歯は自覚症状がなく、見た目も健康な歯とほとんど変わらないため、
発見が遅くなりがちですが、実はこの段階でのケアがとても重要となります。

早期発見、早期治療(削ること)は、ごく初期のむし歯では当てはまらないのです。
フッ素入りの歯磨きペーストやフロス、フッ素入り洗口剤を使って、
積極的に再石灰化療法を行いましょう。

歯を削ったあとの詰め物は金属だけではありません。
近年、お口のなかから金属をなくし、
お口のなかに金属を使わない「メタルフリー歯科治療」の傾向が強まっています。
条件を満たせば保険でも白い材料が使えます。 大きさによって限界もありますから、ご相談下さい。

画像

根管治療(根っこの治療)

歯の根っこの中の神経や血管など(あわせて歯髄と呼ばれます)が通っている管を根管と言います。根管治療とは、根管内の感染源を取り除くことによって根管周辺の病気を治療・予防するものです。

深いむし歯や歯の亀裂・外傷などによって歯髄が炎症や感染を起こした時、
あるいは以前に根管治療が終了している根管が再び感染したとき必要になります。

そのまま放っておくと、抜歯しないといけなくなるケースもあるため、
早期に歯科医に診てもらった方が良いでしょう。

根管治療は、例えると歯を残すためになくてはならない基礎工事。
せまいお口の中で、かつ直接みることの難しい歯の中での10ミクロン単位での
細かな技術を必要とします。

手術用顕微鏡や拡大鏡を用いた高品質な治療

むし歯治療は、細かい作業を必要とする治療です。
特に歯やその根管は複雑な形状をしているため、肉眼でみるには限界があります。

そこで当院では、手術用顕微鏡(マイクロスコープ)や拡大鏡(ルーペ)を用いた治療を行っています。

これらを用途に応じて使い分けることによって、
より精密な治療を行うことができるようになり、
削る量も最小限に抑えることができるようになりました。

簡単に歯を削るのではなく、精密な治療で少しでも長くご自身の歯を使って頂きたいと考えております。

画像

治療前・中・後の説明をしっかりと行います

当院では、患者さんへの説明と提案をとても大事にしています。
患者さんのお話をお伺いしたのち、現在の歯やお口の状態をご説明させて頂いて、
考えられるいくつかの治療法の中からご希望にそった提案をさせて頂きます。

患者さんご自身が納得できていない時点では、さきに治療はいたしません。

治療の節目に、歯科医師や歯科衛生士が丁寧に説明を行います。
少しでも気になることがありましたらお気軽にご相談下さい。

「むし歯があった」ということは、「むし歯をつくるための原因」があったのです。

生活習慣の改善や、メインテナンスのない単なるむし歯治療には、
むし歯をつくった原因を解決することができません。

理由の解決、そのためには歯科衛生士の力が非常に重要になってきます。
国家試験を通過し国家資格をもった、歯科衛生士さんと良い関係を築いて頂いて、
ぜひ 彼女たちを使いこなしてあげて下さい。

むし歯を予防するためには、
正しい歯磨きと定期的なメインテナンスは不可欠です。

画像

何らかの理由で中断となってしまい、
健診やメインテナンスが途切れて放置となると・・。
かぶせたセラミックや金属部分はむし歯になりませんが、
その支えとして残っているご自身の歯の根っこの部分はむし歯になります。

神経など歯髄を取っているので、凍みたりしないため、
気がついたときには大きなむし歯になっていることがあります。
どうにも残せない。・・やむを得ず歯を抜かないといけなくなることも。
お互いにとってこれだけは、もう絶対に避けたいです。

 

お電話でのご予約・お問い合わせ
診療時間
9:00~13:00

/※

/

/

14:30~19:00

/※

/

/

休診日
▲ 水曜日は18:00まで、土曜日は17:30まで。
※ 祝日のある週は、木曜日に振替診療をさせていただきます。
休診 木曜日・日曜・祝日

© 与野の歯医者なら京浜東北線与野駅徒歩2分にある花俟歯科医院(歯科). All Right Reserved.